2014年11月28日の朝に私は脳卒中で倒れた。

そして入院中のベッドで為替の勉強を始めた。倒れる少し前に保険代理店をクビになった日動火災出身のKにばったり図書館で会ったことがあった。代理店時代は安っぽいグレーのスーツ着てどんよりした雲でも背負っているような顔をしていた彼が飲食店をやっているといってイケイケの経営者風になっていた。しかも不動産まで手掛けているらしい。景気もよさそうで外車に乗って助手席には若い女の子を乗せていた。

ほんの2~3年で凄い変わりようだった。私も自分個人の力でいつもPCを持ち歩いてできる仕事が希望だったしそうなると思っていた。なので93年からMacを持って歩いていた。最初にMacで稼げたのは雑誌ライターの仕事だった。1頁6000円。安かったが自分の書いた文字が金になると知った瞬間だった。今はFXで必ず稼げると信じている。私は伝説の投資家になる。そう思って取り組んできた。

大金を稼ぐイメージは昔からあった。金がすべてでないとよく言うが「世の中の問題の99%は金で解決できる」これも現実だと思う。

2016年の夏に横田裕行なる怪しいプロダクトローンチの「ハイローインベスターアカデミー」という商材の動画を見ていた。ああ、ノーストレスで投資して月に200万も稼げたらいいなと思ったが実際は偽装だった。確かにインジケーターやツールなどを使っているようだったが勝率80%は嘘。本当にそんな優秀なツールがあったらみんな飛びつくわ!

その横田が嘘で塗り固められたストーリーをわざとらしく涙を流しながら語ったバイナリーの初日、ハイローからのキャッシュバック5000円をもらって初日で17000円になったという。私はこの金額だけは絶対に超えようと誓った。結論から言うと私のリアルトレード初日は5000円入金で34000円と横田の倍だった。しかも私はすべて完全裁量でツールなど使わなかった。完全勝利である。

[PR]
# by chroloponics | 2017-10-12 18:17 | バイナリーオプション | Comments(0)

グループを作る。

2016年9月にTwitterで誘われたぐるーぷ配信に入り、強気な言葉とは裏腹に勝率20~30%のどうやっても勝てるグループではなかった。そのグループで仲良くなったメンバー裕さんと龍さんと共に詐欺グループを脱退。自分たちで勉強しながら目標に向かうことにした。

また同時に自分たちの経験が役立てばと詐欺撲滅隊を発足。相談に乗り始めた。

気付いたのは若年層のセミリタイヤへの憧れ。就職難とブラック企業の暗躍、終身雇用の崩壊が招いたことである。未来がないので会社に入ってコツコツとか馬鹿臭いという意識があるのだろう。しかし、多くの人は高額塾やツール購入などで資金を溶かしていた。自分の親世代もだまされる人が多く、詐欺に遭いやすいし思考癖があった。とにかくストレスフリーに金を手にしたい。優雅な老後を過ごしたいという他力本願なものが根底にある原因と感じた。

バイナリーオプションの勝ち方を教えてください。一行だけのメールもあった。あほかと思う。まずは限界まで勉強しろ、自助努力しろと。

テクニカル分析をきっちり勉強して自分の得意な手法を極めれば勝率は上がる。65%に届けば資金は増えるはず。

テクニカル分析で間違ったものはなし。丁寧に勉強すること。

何年かかっても必ず勝てるようになる。

まずは努力。



[PR]
# by chroloponics | 2017-09-19 18:18 | ネット詐欺 | Comments(0)

個人で稼ぐために

4か月の入院を経て2015年3月末日退院した私はこれからは個人の能力で稼がないといけないと感じ、為替や株の勉強をしようと思い立った。保険の研修生時代にも山梨の一成や下関の益野君などはデイトレで結構稼いでいた。車を買い替えたり優雅な彼らの取引に憧れてもいた。また途中で研修をやめたりしていた。とても理にかなった稼ぎ方だと思った。

ただし保険ビジネスが一点だけ買っているところがあった。

それは仕入れがかからないことであった。デイトレも株も種銭は必要だ。つまりは特定銘柄を買うにも通貨ペアを買うにも仕入れが必要という考えになる。

株は紙切れになるが通貨の価値はなくならないと考え、為替を勉強することにした。取引方法はデイトレ以外にもさらに短期のスキャルピングと言いうものもあるということを知った。そこで手の空いた時間にエントリー出来るスキャルピングで勝負しようと思った。底でネットで人気のあった為替を使った(と思い込んでいた)は生取引のバイナリーオプションをやってみることにした。最初はテクニカルも何もわからないのでまずは運試しをした。デモトレで15分取引で自分の読みを試したら結構増えたのだ。これでやってみようと思った。

そしてネットで出来る限りの情報を調べてどうやら本当の情報は無料で転がっているわけではないので有料のものを受講しなければいけないということ。そしてそのような初心者をだます詐欺や高額塾と呼ばれるものが多数存在することが分かった。私はネット書籍の維新の介さんのものと初心者向けのコンサルを受けることにした。ポイントを知らず、投資をすることは、小舟で太平洋に漕ぎ出すようなものだと思った。

バイナリーを選んだ理由は二つ。一つ目は保険代理店の契約解除で収入を絶たれた私は種銭がないのでなるべく少額で始められること。次にルールが簡単で特別な知識やサイトの操作など覚えなくてよいということだった。

Twitterのフォロワーも1000超えを果たした頃に或るアカウントから「バイナリーオプションのシグナル配信と無料レクチャーしています。本気の方は連絡ください。おバカな私は連絡してしまった。飛んで火にいる夏の虫。。。

[PR]
# by chroloponics | 2017-09-12 12:17 | Comments(0)

個人で稼ぐために

4か月の入院を経て2015年3月末日退院した私はこれからは個人の能力で稼がないといけないと感じ、為替や株の勉強をしようと思い立った。保険の研修生時代にも山梨の一成や下関の益野君などはデイトレで結構稼いでいた。車を買い替えたり優雅な彼らの取引に憧れてもいた。また途中で研修をやめたりしていた。とても理にかなった稼ぎ方だと思った。

ただし保険ビジネスが一点だけ買っているところがあった。

それは仕入れがかからないことであった。デイトレも株も種銭は必要だ。つまりは特定銘柄を買うにも通貨ペアを買うにも仕入れが必要という考えになる。

株は紙切れになるが通貨の価値はなくならないと考え、為替を勉強することにした。取引方法はデイトレ以外にもさらに短期のスキャルピングと言いうものもあるということを知った。そこで手の空いた時間にエントリー出来るスキャルピングで勝負しようと思った。底でネットで人気のあった為替を使った(と思い込んでいた)は生取引のバイナリーオプションをやってみることにした。最初はテクニカルも何もわからないのでまずは運試しをした。デモトレで15分取引で自分の読みを試したら結構増えたのだ。これでやってみようと思った。

そしてネットで出来る限りの情報を調べてどうやら本当の情報は無料で転がっているわけではないので有料のものを受講しなければいけないということ。そしてそのような初心者をだます詐欺や高額塾と呼ばれるものが多数存在することが分かった。私はネット書籍の維新の介さんのものと初心者向けのコンサルを受けることにした。ポイントを知らず、投資をすることは、小舟で太平洋に漕ぎ出すようなものだと思った。

バイナリーを選んだ理由は二つ。一つ目は保険代理店の契約解除で収入を絶たれた私は種銭がないのでなるべく少額で始められること。次にルールが簡単で特別な知識やサイトの操作など覚えなくてよいということだった。

Twitterのフォロワーも1000超えを果たした頃に或るアカウントから「バイナリーオプションのシグナル配信と無料レクチャーしています。本気の方は連絡ください。おバカな私は連絡してしまった。飛んで火にいる夏の虫。。。

[PR]
# by chroloponics | 2017-09-12 12:16 | Comments(0)

個人で稼ぐために

4か月の入院を経て2015年3月末日退院した私はこれからは個人の能力で稼がないといけないと感じ、為替や株の勉強をしようと思い立った。保険の研修生時代にも山梨の一成や下関の益野君などはデイトレで結構稼いでいた。車を買い替えたり優雅な彼らの取引に憧れてもいた。また途中で研修をやめたりしていた。とても理にかなった稼ぎ方だと思った。

ただし保険ビジネスが一点だけ買っているところがあった。

それは仕入れがかからないことであった。デイトレも株も種銭は必要だ。つまりは特定銘柄を買うにも通貨ペアを買うにも仕入れが必要という考えになる。

株は紙切れになるが通貨の価値はなくならないと考え、為替を勉強することにした。取引方法はデイトレ以外にもさらに短期のスキャルピングと言いうものもあるということを知った。そこで手の空いた時間にエントリー出来るスキャルピングで勝負しようと思った。底でネットで人気のあった為替を使った(と思い込んでいた)は生取引のバイナリーオプションをやってみることにした。最初はテクニカルも何もわからないのでまずは運試しをした。デモトレで15分取引で自分の読みを試したら結構増えたのだ。これでやってみようと思った。

そしてネットで出来る限りの情報を調べてどうやら本当の情報は無料で転がっているわけではないので有料のものを受講しなければいけないということ。そしてそのような初心者をだます詐欺や高額塾と呼ばれるものが多数存在することが分かった。私はネット書籍の維新の介さんのものと初心者向けのコンサルを受けることにした。ポイントを知らず、投資をすることは、小舟で太平洋に漕ぎ出すようなものだと思った。

バイナリーを選んだ理由は二つ。一つ目は保険代理店の契約解除で収入を絶たれた私は種銭がないのでなるべく少額で始められること。次にルールが簡単で特別な知識やサイトの操作など覚えなくてよいということだった。

Twitterのフォロワーも1000超えを果たした頃に或るアカウントから「バイナリーオプションのシグナル配信と無料レクチャーしています。本気の方は連絡ください。おバカな私は連絡してしまった。飛んで火にいる夏の虫。。。

[PR]
# by chroloponics | 2017-09-12 12:16 | Comments(0)